とちぎの魅力を伝えたい!ここが穴場!観光・地域情報

グルメ

鹿沼市のベーカリー「BAKE SHOP CANTABILE」

掲載日: グルメ
鹿沼市のベーカリー「BAKE SHOP CANTABILE」
BAKE SHOP CANTABILE
  • 住所:栃木県鹿沼市玉田町516-5
  • TEL:0289-77-5200
  • 営業時間:9:00~19:00
  • 定休日:水曜日・木曜日
  • 駐車場:10台

鹿沼市の人気ベーカリー「BAKE SHOP CANTABILE」

今回ご紹介するのは鹿沼市の「BAKE SHOP CANTABILE(カンタービレ)」。赤い扉が目を引くおしゃれな佇まいのベーカリーです。

サイクリングを楽しめる街として有名な鹿沼市。こちらのお店でも、サイクルスタンドが設置されていました。週末になると日光からのドライブ帰りや、サイクリングの途中に立ち寄るお客さんも多いそうです。

訪れたのは平日の正午前。商品もそろったタイミングだったようで、たくさんのパンが並んでしました。人気のパンはすでに品薄に…。

惣菜パンからデニッシュまでラインアップも豊富!クリームパンだけでも数種あります。

惣菜パンはどれもボリュームたっぷりでリーズナブル!焼きそばやハンバーグなども手作りにこだわっています。パンの温めができるよう店内にトースターが置いてあるのも、うれしい心遣いですね。併設されたテラス席でゆっくりと、焼きたてのおいしさを楽しめます。

人気の『カルピスバター食パン』。「特選カルピスバター」をせいたくに使った食パンは、多数のメディアでも紹介され、話題になった商品です。早速、トレーに一斤のせてしまいました。

素材の味を活かしたこだわりパン

さて、今回購入した商品はコチラ。

「那須御養卵」で作られた濃厚でコクのあるカスタードと、ブリオッシュ生地がマッチした『ちょっとリッチなクリームパン』をはじめ『ちょっと幸せなメロンパン』『ハイジのジャムパン』など全6品。お店の方に『カルピスバター食パン』のおすすめの食べ方を聞いてみると、いいバターを使っているのでバターやハチミツ、チーズなどシンプルに食べてもらうのが一番とのこと。

食パン好きな娘のリクエストは、そのままとトーストで!トーストにバターをぬって、いざ実食です。

まずはトースト!表面はサクサクですが、中はふんわり!パン自体の風味がしっかりと鼻まで広がり、バターに負けることなく、パンが主役になっていました。続いて、そのままの状態で。先程のトーストの時点で、この食パンの美味しさは十分なほど分かっていたのですが、、、期待特大。ごくり……。

あま〜い!なんだこれは…!? 娘、仰天!(笑)

しっとりもちもちのきめ細かな生地、そして何も手を加えずとも伝わってくるカルピスバターの強い甘みに感動しました。パンに、あまり使わない表現ですが「ぷるぷる」なんです!もはや飲みもの。

私はトースト派、娘はそのまま派であるように、どんな食べ方でも100点の美味しさでした。今回は1斤のみの購入でしたが、次回は1本買うことを誓います。

たっぷりの具材が入った惣菜パンもカレーパンもおいしくて大満足!(どんだけ食べるんだ!)

イタリア語で「歌うように」という意味をもつ「カンタービレ」。パンを通して、笑顔の輪が広がるように。パンのある毎日を、歌うように楽しんでもらえるように。という店主さんの思いが込められたパンは、どれも素材の味が活かされた、ほっとできる味わいです。地元産の野菜や果物の使用、商品に合わせた粉の配合など、こだわりがつまったパンを存分に楽しむことができて、幸せな一日となりました。


三上さんち

母はフリーランスのライター。時々ファーマー、時々移動本屋。パン好きな娘とパン活を楽しみ、スーパーやコンビニ商品を含め年間300種以上のパンを食する。親子そろって「パンシェルジュ検定3級」合格。お出かけ、食べ歩き、寄り道が大好き。

関連記事
絶品ジンジャーメニューとスイーツがおすすめ!お洒落な古民家カフェ「café Mario」
お気に入りのパンに出会える下野市「Boulangerie Rire」
イートインコーナーがある洋菓子店「パティスリーボン」

  • ホームページ・チラシ制作します
  • フェアリースクエア
  • とちぎの住まいづくり
  • 栃木県立博物館
  • 買えるモデルハウス
  • picture picture